Column

【髪のエイジング?】エイジング毛のトリートメントが効かない悩みを自宅でホームケアするポイントはこれ

ザラつくジリジリとした手触り。原因に思い当たる節はないのだけれど「なんだか表面にパサパサした毛が増えてきたような…」そんなお悩み最近出てきていませんか?

 

そう!ダメージになるような事をした覚えはないし一度気になってからはシャンプーも口コミを見て選んだいいものに変えたのに全然良くならないの…

 

実際にサロンの現場でもこのような声があったりお悩みを聞く事はとても多いです。

見た目の特徴的に美容師さんですらダメージだと思い間違ってケアされがちですがこの現象の正体は「エイジング毛」と呼ばれるもの。

ダメージとは改善の仕方が違い一般的なトリートメントではかえって悪化してしまうなんとも悩ましい問題ですが今回はこの髪のエイジングとの向き合い方をホームケアも含めてお話していきます。

最近は自宅時間も増えてきているため長年抱えてきた髪の悩みを改善するにはもってこいのタイミングですよ!

 

 

エイジング毛とは?

髪のエイジング

一般的なものは白髪ですよね。大体20代後半から目立って現れるようになりますが髪の年齢による変化はそれだけではありません

今までツルッとした指通りの毛質だったのにその中にジリッとした毛が混ざるようになり特に表面部分が絡まるようになってきたって事はありませんか?

身に覚えのある髪のダメージはないのになんだか傷んだように見える。

これが「エイジング毛」と呼ばれる白髪と並ぶ髪の年齢による変化の1つです。

ふわふわとまとまりなく浮くその髪は見た目の通り脆くダメージを受けやすい状態

これは髪の水分量が低下しているから起こる事であり、髪が乾燥すると通常よりもダメージへの耐性がなくなってしまうから。

指でもそうですが乾燥しているとすぐ切れてしまったり荒れやすくなってしまいますよね?それと同じような感じです。

水分量の低下→乾燥→ダメージ→髪内部のタンパク質の流失。といった負のサイクルが始まりたちまち見た目にも大きく影響を与えてしまう深刻な悩みになっていきます。

 

以下のような髪の変化があれば気をつけた方がいいって事ね
  • 以前まであった髪のツヤがなくなってきた気がする
  • 周りとは形状の違う毛が生えてきた
  • 指通りがザラつくジリジリとするようになってきた

また、薬剤への耐性も落ちてしまうため今までと同じようにカラーやパーマをしていると思わぬ傷みにつながったりする事もあるんですよね。

ただこれは美容師さん側の知識の問題であってカラーやパーマが出来なくなるという訳ではありません。薬剤の強さを調節すればいいだけの話ですので。

このように放置しているとなかなか多くの問題が出てきてしまうのがエイジング毛です。今はそこまで気になっていないって人でも知識として覚えておいて損はないでしょう。

 

ケアのコツやポイントは?

一般的に紹介されている解決方法としては「栄養分を補う集中トリートメントをしましょう」だと思いますが、私の個人的意見ではこれはほぼ効果がないと感じています。

なぜなら、髪は死滅細胞なので栄養分を入れたところで定着せずすぐに流れ出てしまうからです。

実際にエイジングの悩みを持つお客様がよくあるトリートメントで治ったなんて話は今まで一度も聞いた事がありません。そんな単純な問題ではないんですよね。

解決方法としては縮毛矯正でキレイな形状を変えてしまうかちゃんとした知識を持つ美容師さんの髪質改善を受けるのが得策です。

 

それ以外に家でのケアや自分で解決する方法はないの?

 

あります!むしろこのサイトはホームケアに特化した情報サイトなのでここからが今日の本題です!

悩ましいエイジング毛ですがケアするポイントは以下2つ。

  • 髪の保水率を上げる
  • 髪を疎水化し引き締め内部の水分量を維持する

どういう事か説明しますね。

髪の水分量が低下している毛髪に対してその水分量を上げる事が必須なのは分かると思います。ただそれだけでは流れ出てしまうんですよね

タンパク質が流失した髪内部はダメージホールという穴が空いており歪な形で不均一、加えてこの穴が水分を含んでしまうため親水性の髪になってしまいます。

一見、水分を含むのならいいじゃんと思いがちですがこの髪は水分を維持できずまた不均一なためうねりの原因にもなってしまうんですよね。

これを元々の健康な髪の姿である疎水性に変えてあげる事によって適切な水分量をキープできるようになり見た目も艶とまとまりが戻りダメージにも強い髪になります。

お顔でいう化粧水で潤いを与えてクリームで整える感じと似ていますね。

エイジング毛に対して継続的に効果のあるアプローチはこれだと私は思っています。

当店のラインナップだと
▶︎【βeater-cream

が上記2点のポイントをクリアしているケアアイテムとなります。

オールインワンクリームとして様々な機能がありますが、元々エイジングケアに特化した設計になっているので髪はもちろん頭皮にも効果を発揮して私も愛用し信頼しているアイテムの1つです。

 

まとめ

一般的なトリートメントではなかなか改善されず納得のいく効果を得る事が難しい髪のエイジングの悩みですがポイントさえおさえればすぐに変化は現れます。

私も現場で思考錯誤してきましたが継続して効果を発揮するのはこの2つだと確信しています。

正直、一度で改善してしまうには縮毛矯正がベストだと今でも思っていますがエイジング毛を理解して施術できる美容師さんはごく僅かなのもまた事実で安易にオススメ出来ないとも感じています。

それならば高いリスクとコストをかけるよりも低リスクで手間なく自宅で改善できる術があるのならそこから始めてみてもいいのではと。

昨今、自宅で過ごす時間が増えたため髪に投資しだした人が増えているというデータもあがっています。差をつけられる前、この気に周りの人から羨ましがられる密かに健康な髪を手に入れましょう♪

 

お問い合わせ&ショップ情報

気になる商品の詳しい情報やその他ご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください♪
▶︎お問い合わせ

オンラインショップはこちら♪
▶︎bySy OnlineShop

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関口 恭章

▶︎京都烏丸の顧客様くせ毛率99%のフリーランス美容師 ▶︎サロンワーカーとしての個人ブログは「京都 くせ毛」ですぐ出てきます ▶︎なんなら「京都 くせ毛 関口」って検索候補が出てきます(本人はめちゃくちゃ強いくせ毛って訳ではない笑) ▶︎出身は割と田舎 ▶︎京都市在住/30代/2児のパパ ▶︎サロンワークブログはこちら 【 Realme by Sy 関口恭章のブログ

ピックアップ記事

1

今年は例年に比べてだいぶ早い梅雨入りとなりましたね。おかげさまでサロンワークも急に縮毛矯正ラッシュとなりブログの更新も遅くなってしまいました笑 そんな中でちょくちょく聞くお悩みがあって。 「湿気の多い ...

2

この半年ほど新しくお子様が産まれるお客様が特に多くなりました。私も2人の子供がいるので共通の話題ができたりでなんだか嬉しく過ごさせてもらっています。 で、今日のお話はそれとは別で産後の髪に関するこんな ...

3

私もそうなのですがお年頃をすぎるとめちゃくちゃ気になってくる存在。白い悪魔こと「白髪」達。 染めてしまえば一時的に解放されますが、1ヶ月もすれば復活するなんとも悩ましき問題。 大人世代の永遠の宿敵みた ...

4

ザラつくジリジリとした手触り。原因に思い当たる節はないのだけれど「なんだか表面にパサパサした毛が増えてきたような…」そんなお悩み最近出てきていませんか?   そう!ダメージになるような事をした覚えはな ...

5

この仕事をしているとよく聞かれるのが「市販品とサロン用どっちがいいんですか?」とか「ドラッグストアのシャンプーでオススメないですか?」てお話。 性能や効果だけで考えるともちろんサロン専売品の方がいいで ...

-Column

© 2021 by Sy.com Powered by AFFINGER5