Column

「このシャンプーもダメか」って諦める前に!良いシャンプーの効果を引き出すのは洗い方の方法

毎回ネットの評判を見て色んなシャンプーを試すものの

 

あ、今回のもやっぱり微妙だったなぁ

とりあえず信じてはみたけど思ってた通り効果ないよね

 

ってヘアケアを変える度に後悔をいつも感じてしまうあなたには必見のお話です。

かくいう私も現役美容師という立場ながらシャンプー難民だったのですが(何でもいいやってコスパだけで選んでいた時期もありました)

1度見方を変えてみると意外な発見がありそれ以降は困ることはなくなりました。

答えから言ってしまうと「モノよりコト」だったんですね。

オンラインショップを運営しながらこんなこと言うのも変ですがいくら良い商品を使ってもその使い方次第ではあまり効果を感じない事も多々あります。

特にシャンプーに関しては。

しかし逆を言えば本当に良いシャンプーと正しいケアの仕方を知ってしまえばこの先で髪に深刻に悩む事は激減するでしょう。今回はそんな内容です。

 

洗うのは「髪」考え方は「肌」

少し思い返して頂きたいのですが

いつも顔を洗う時に気をつけている事」それと「普段のお家でのシャンプーや美容室での洗われ方」ってどんな感じでしょうか?

この2つが矛盾しているあなたは、ここに髪が思い通りにならない理由や毎回新しいシャンプーに変えても結果が出ない理由があります。

お顔または体を洗う時って「ゴシゴシ洗ってはダメ。泡で優しく洗う」が基本ですよね。

この事を頭の片隅に置いて置いて、次は頭皮を見てみるとそこはお顔(肌)と境目なく繋がっていませんか?そう、頭皮も肌なのです。

つまり洗い方も顔や体と同じ。

頭皮はゴシゴシ洗ってはダメだったのです

 

え、それじゃ汚れ落ちないんじゃ、、


って不安になるかと思いますが、よくよく考えると毛って肌を守るために生えていますよね。

髪の毛も例外ではなく頭皮という肌を守るために生えていて基本的に日常生活でつく洗い落とさなければいけないものは頭皮につく事なく髪につきます。

なので本来シャンプーで洗うべきは髪という訳。

頭皮で洗い落とさなければならないものは余分な皮脂ですが、これらはお湯ですぐにオフできます。

ただ髪の整髪料やそれらに付着する汚れはお湯だけでは落とせないためシャンプーで浮かす必要があるんですよね。

それと顔でも同じですが皮膚から出る天然の油分は保湿のためなくてはならない存在でこれが足りなくなると乾燥しパサつきやダメージの悪化にもつながります。

肌(頭皮)の要らないものはお湯で落とし髪の汚れをシャンプーで洗う。簡単にいうとこのイメージ。

 

高品質なシャンプーの効果を引き出すシャンプー方法

では実際にどのようにシャンプーしていくのかというと

単純に今の洗い方から「水洗後のシャンプー時にゴシゴシするのを辞める」これだけ。

これ、顔で言うと洗顔でゴシゴシ擦っているのと同じなんですよ。

当然、油分が落ちすぎてカサカサになってしまいますよね。これが髪と頭皮でも起きている訳です。

頭皮の油分が足りず皮膚トラブルが起きやすくなり本来そこから降りてきて保湿されるはずの髪は乾燥しダメージを受けやすくなる

そこから体は「油分が足りていない」と錯覚してしまい過剰に皮脂を出すようになってしまい結果ニオイの原因にもなってしまう。

そんな悪循環に陥ってしまうのです。

その負のサイクルから抜け出す正しいシャンプーの手順が

今までのシャンプーにかける時間の約2倍ほどしっかり髪を濡らし水洗する(この時におよそ8〜9割汚れは落ちる)

2 軽く毛先の水分を絞ってとる

3 毛先にシャンプー剤を揉み込み泡立てる

4 できた泡を頭皮に馴染ませる

5 馴染ませた後、擦らずにそのまま1と同じようにしっかりと流す

 

というようになります。

騙されたと思って3週間は意識して継続してみてください。

気がつけば今までなかった自然なツヤが出ていて痒みもなくなり、何より翌日起きた時のカサカサ感が軽減されているはずです。

私のところに初めてご来店頂いたお客様には必ずお話している内容になります。

 

なぜそこまで意識するのか?

美容師さんと聞くとカットやカラー等の技術スキルメインのように感じられると思いますし、こういった細かいお手入れを説明されるのは珍しいかもしれませんがこれには訳があります。

それは「髪は死滅細胞であり1度ダメージを受けると2度と元には戻らない」と言う原則原理があるからです。

爪も割れてしまうと元通りにひっつく事はありませんよね?

同じでこれは爪も切っても神経が通っていないため痛くはありませんが2度と再生する事のない死滅細胞だからです。

カラーの色味による補正効果やトリートメントによって一時的な誤魔化しは可能ですが「治す」という事は根本的には不可能なんですよね。

サロンでの施術は当たり前ですが、お家で使うモノやその使い方にまでお話するのはこういった理由からです。

だからこそまだまだ小さい私のサイトを知って頂いたあなたには是非こういった知識も手に入れて欲しいと思っています。

髪質改善という言葉が一時流行りましたが、何よりも勝る髪質改善は「自分の髪について知る」という事だと現場の美容師としては感じています。

 

お問い合わせ&ショップ情報

気になる商品の詳しい情報やその他ご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください♪
▶︎お問い合わせ

オンラインショップはこちら♪
▶︎bySy OnlineShop

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関口 恭章

▶︎京都烏丸の顧客様くせ毛率99%のフリーランス美容師 ▶︎サロンワーカーとしての個人ブログは「京都 くせ毛」ですぐ出てきます ▶︎なんなら「京都 くせ毛 関口」って検索候補が出てきます(本人はめちゃくちゃ強いくせ毛って訳ではない笑) ▶︎出身は割と田舎 ▶︎京都市在住/30代/2児のパパ ▶︎サロンワークブログはこちら 【 Realme by Sy 関口恭章のブログ

ピックアップ記事

1

今年は例年に比べてだいぶ早い梅雨入りとなりましたね。おかげさまでサロンワークも急に縮毛矯正ラッシュとなりブログの更新も遅くなってしまいました笑 そんな中でちょくちょく聞くお悩みがあって。 「湿気の多い ...

2

この半年ほど新しくお子様が産まれるお客様が特に多くなりました。私も2人の子供がいるので共通の話題ができたりでなんだか嬉しく過ごさせてもらっています。 で、今日のお話はそれとは別で産後の髪に関するこんな ...

3

私もそうなのですがお年頃をすぎるとめちゃくちゃ気になってくる存在。白い悪魔こと「白髪」達。 染めてしまえば一時的に解放されますが、1ヶ月もすれば復活するなんとも悩ましき問題。 大人世代の永遠の宿敵みた ...

4

ザラつくジリジリとした手触り。原因に思い当たる節はないのだけれど「なんだか表面にパサパサした毛が増えてきたような…」そんなお悩み最近出てきていませんか?   そう!ダメージになるような事をした覚えはな ...

5

この仕事をしているとよく聞かれるのが「市販品とサロン用どっちがいいんですか?」とか「ドラッグストアのシャンプーでオススメないですか?」てお話。 性能や効果だけで考えるともちろんサロン専売品の方がいいで ...

-Column

© 2021 by Sy.com Powered by AFFINGER5