Column

髪もふやける?梅雨時期ボサボサと浮きパサつく髪の毛のケアやトリートメントポイントはこれ!

今年は例年に比べてだいぶ早い梅雨入りとなりましたね。おかげさまでサロンワークも急に縮毛矯正ラッシュとなりブログの更新も遅くなってしまいました笑

そんな中でちょくちょく聞くお悩みがあって。

湿気の多い日になるとぼわぼわっと表面の髪が広がり落ち着かない」という現象。

 

そうそう。夜ちゃんと乾かして朝もブラシをしたりしても外に出るとボサッとしちゃってなんだか何もしていない感じが出て嫌なのよね。。。

 

このお悩み、けっこうな数の方からご相談頂くのですが手っ取り早い解決策は縮毛矯正をキレイにかけて形状を固定してしまう事です。

ただ「縮毛矯正は好みじゃない」って方もすごく多いのが現実。

そこで今回はお手入れ、自宅でのケアで解決する方法をお話します。

 

 

浮く髪の原因と仕組み

本来、髪にとって水分は良いものって認識がありますよね。でも梅雨になり湿気が高くなるとなぜか広がりゴワゴワとカサつく髪になる。矛盾しているように感じますよね。

 

水分って髪に必要なはずなのに湿気で潤うどころか逆にパサつくなんて不思議。なんでなの?

 

確かによく考えると不思議ですよね。この仕組みを知る事が今回のポイントとなりますので図解します。

その前にまず知ってほしい点があって水分には2種類あるという事。

  • 一般的なその辺にある普通の水分(水や湿気など)
  • 髪が元々持つ保水している内部の水分(これがあるから髪はしなやかなのです)

つまり外部の水分と内部の水分があるんですね。

それをふまえて

  1. 外部の水分(湿気)でキューティクルが開きやすくなる(髪は濡れるとキューティクルが開くといいますよね)
  2. 開いたため外部の水分が髪内部に入ってくる(髪がふやけたようなイメージ)
  3. 髪は内部の水分量を一定に保つ機能があるため不必要な水分は排出するしかし外部の水分は内部の水分とひっつく特性があるため内部の必要だった水分まで同時に抜け出てしまう
  4. 結果、髪内部の保水率が低下しパサついてしまう

これが矛盾するような梅雨時期のパサつきの仕組み。外部からの水分の作用と特性が原因なんですよね。

もっと詳しく知りたい方は「自由水と結合水」で検索して見てください。

では仕組みと原因が分かったので次は解決策2つのお話です。

 

ヘアオイルのコーティング作用が効果的。ただし…

【アウトバストリートメント】Altoオイル

水分を含み過ぎふやけその後パサパサと浮いてくる髪。

これを防ぐには湿気つまり外からの水分から守ってあげればいいんですよね。

そこで有効なのがアウトバスタイプのヘアオイルによるコーティング。ミストやクリームと違い髪に薄い油膜を張るトリートメントのため外部からの作用に強くなります。特に毛先の方の広がりに対して効果的。

ただ気をつけないといけないのが「1日の終わりのシャンプーでちゃんとオフできるくらいの薄い油膜である事

クレンジングしても落ちないような皮膜ではかえって長期にわたり髪にダメージを与えてしまうため使用するアイテムの選別は必須です。

 

髪を収斂して引き締め湿気に打ち勝つ

ヘアオイルは毛先のケア向きでしたが根元から毛先まで均一にケアできるもう1つの改善策として「髪を疎水化し収斂させ引き締める」というものがあります。

難しく感じるかと思いますが簡単にいうとふやけて髪内部の水分が外からの水分に奪われやすくなっている状態から緩んだ髪に収斂作用で表面を引締め外からの水分に入られないようにする事。

身近なものに置き換えると濡れたタオルなんかが分かりやすいです。

濡れたままのタオルだとびちょびちょと水が流れ落ちそのまま放って置くとカピカピになっていますよね。

でも、しっかり絞ってあげればタオル内部は潤いに満ちたまま流れ落ちる水分も止まりますよね。そんなイメージ。

そのような効果を持つアイテムとしてはヘナが1番有名です。ただヘナの場合やりすぎると過収斂を起こす場合もあるので美容師さんと相談しながら使用しましょう。

うちのショップのラインナップの中だとβeater-creamが上記の効果を持ちます。

またサロンでの施術で髪質改善トリートメントも同じ効果を持つものがありますがそれをするなら縮毛矯正の方が何度も繰り返す必要がないのでいいのではと思います。

 

まとめ

縮毛矯正をしなくても湿気に負けない髪を作る方法。特にくせ毛を活かしたい方にはぜひお試し頂きたいお話でした。

実際に私のサロンでも矯正せず、くせを活かしたままβeater-creamまたはβeater-cream+Altoオイルでこの梅雨時期を難なく過ごされている方が今年はすごく多いです。

見た目の印象を我慢したり妥協して縮毛矯正したりせずとも意外と解決できるものなんですよね。諦めてしまうのは少しもったいない気がしますよ。

ちなみに、今回ご紹介したアイテムはこちらの2点。

もしあなたがヘアケア難民だなとかジプシーを感じていれば是非リンクから詳細見てみてください♪

【ハイスペックオールインワンクリーム】βeater-cream

【アウトバストリートメント】Altoオイル

 

お問い合わせ&ショップ情報

気になる商品の詳しい情報やその他ご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください♪
▶︎お問い合わせ

オンラインショップはこちら♪
▶︎bySy OnlineShop

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

関口 恭章

▶︎京都烏丸の顧客様くせ毛率99%のフリーランス美容師 ▶︎サロンワーカーとしての個人ブログは「京都 くせ毛」ですぐ出てきます ▶︎なんなら「京都 くせ毛 関口」って検索候補が出てきます(本人はめちゃくちゃ強いくせ毛って訳ではない笑) ▶︎出身は割と田舎 ▶︎京都市在住/30代/2児のパパ ▶︎サロンワークブログはこちら 【 Realme by Sy 関口恭章のブログ

ピックアップ記事

1

今年は例年に比べてだいぶ早い梅雨入りとなりましたね。おかげさまでサロンワークも急に縮毛矯正ラッシュとなりブログの更新も遅くなってしまいました笑 そんな中でちょくちょく聞くお悩みがあって。 「湿気の多い ...

2

この半年ほど新しくお子様が産まれるお客様が特に多くなりました。私も2人の子供がいるので共通の話題ができたりでなんだか嬉しく過ごさせてもらっています。 で、今日のお話はそれとは別で産後の髪に関するこんな ...

3

私もそうなのですがお年頃をすぎるとめちゃくちゃ気になってくる存在。白い悪魔こと「白髪」達。 染めてしまえば一時的に解放されますが、1ヶ月もすれば復活するなんとも悩ましき問題。 大人世代の永遠の宿敵みた ...

4

ザラつくジリジリとした手触り。原因に思い当たる節はないのだけれど「なんだか表面にパサパサした毛が増えてきたような…」そんなお悩み最近出てきていませんか?   そう!ダメージになるような事をした覚えはな ...

5

この仕事をしているとよく聞かれるのが「市販品とサロン用どっちがいいんですか?」とか「ドラッグストアのシャンプーでオススメないですか?」てお話。 性能や効果だけで考えるともちろんサロン専売品の方がいいで ...

-Column

© 2021 by Sy.com Powered by AFFINGER5